ゴルスパでFX初心者脱却 ☆ 一児のパパが10万を500万にした極意

ゴルスパでFX初心者脱却 ☆ 一児のパパが10万を500万にした極意

 

ゴールデンスパイダーFXの勝率をもっと上げる+α手法とは?!

FXの基礎を学びたい方はコチラ!
    

メルマガでだけお知らせする情報あります!!
    

2週連続で強い台風が日本列島を襲い、強い台風が続くということで全国各地で早期の対策が為されましたが、早い段階で交通機関をストップしたことなどにより、経済活動にも影響が出ました。

 

 

経済行動もしょせんは人によるもの。自然には勝てませんね。

 

 

さて、10月第3週は、月曜日が祝日でした。

 

 

日本だけでなくアメリカ・カナダの両国も感謝祭のため、東京市場・米市場は休場という形で一週間が始まりました。

 

 

東京市場は休みでしたが先週からのNYダウの下落が続き、月曜朝もダウが100ドルを超える下落を示したことでドル売りが強まりました。

 

 

一時107円を割り込み106円台に到達したドル円ですが、月曜日の欧州時間に入ってからはダウ、日経平均共にプラスに転じ、107円台前半で推移するなど荒い値動きから始まった一週間と言えます。

 

 

たまに107円を割り込みながら107円台前半でじりじりと安値を試す展開でしたが、週半ばの水曜日にドル円は大きく動き、大相場の様相を見せます。

 

 

アジア時間では107円半ばまでドルが買い戻されましたが、その後米長期金利の低下と共にドルが売られていきました。

 

 

9月小売売上高コアPPI、そしてNY連銀製造業指数と、重要な指標が軒並み悪い数値を示したこと、更に10年債利回りの大幅下落もあってドルが一気に売られます。

 

 

106円台に幾つかあると思われるストップロスの価格帯をも巻き込んだ状態で、105.19レベルまで売り込まれました。

 

 

その後、ファンド筋であろう急速な買い戻しによって106円台前半から下値を試す展開になります。

 

 

9月から急激な上昇を見せたドルでしたが、その過熱感が終わったかのような雰囲気です。

 

 

多数のアナリストもドルが下落転換に入ったとのコメントを出し、一時は110円を軽く突破して120円を目指すというような展望さえ出されていたのが、一転して8月の102円〜103円台まで戻すのでは、という見通しも聞かれるようになりました。

今週は台風上陸から始まりました。皆さんのお住まいになる地域は大丈夫でしたでしょうか。

 

 

前回記事はドル円に絞って記事を書きましたが、その流れから先週までを少し振り返りたいと思います。

 

 

日足チャートを見ると、8月に103円を上抜けてから、下落局面が無いと言っても良いまま現在の価格まで推移しています。

 

 

ドル買いが進んだ大きな理由は、やはり米国の全体景気の押し上げと利上げ観測です。

 

 

日本の株価やユーロの不安定さ等も当然盛り込まれていますが、あくまでも後押し材料程度にしか感じられません。

 

 

それまで一気に6円以上も上げる間、米指標に悪い発表はなかったのでしょうか?

 

 

いいえ、もちろん指標の数値が悪いときもありました。

 

 

にも拘わらず、節目となる安値を切り下げる日が殆どないまま109円台まで上昇しています。

 

 

それが、先週は指標発表でようやく前週の安値を割りました。(とは言っても、ほんの一瞬ですが)

 

 

ということで、先々週から109円台で落ち着き始めた値動きから「ドルが上がり過ぎている」と市場全体が感じ取っていることが解ります。

 

 

そして、引き続き高値圏のまま始った今週はどうなるか、という感じでしたが、米10年債利回りの低下や、9日のダウ平均が今年最大の値幅で下落したことなどを受けてドルが売られました。

 

 

これまでの上げ過ぎ感を象徴するように、これらの指標を受けてドルが売られ、107円台まで下落しています。

 

 

109.2円台から始まった月曜日から日に日に下げ幅を増して、金曜日の引けまでに2円近く下げました。

 

 

ドルが売られた要因は、一週間を通して全般的に米国の指標が良くないということが原因ですが、それでも今までの上昇幅を取り戻すには至っていません。

 

 

ドルが反転急落するかというニュースが続きそうな気配の中でも、9日の新規失業保険申請数の強さに引っ張られる形で長期金利が一転上昇に転じたため、ドルの買い戻しの場面もありました。

 

 

108円のラインを挟んで行ったり来たりが続き、まだまだ米経済に翻弄されつつも、将来的な利上げ観測が強いためにドル買いの要素も続くのでは、という印象です。

シンガポールドルの特徴は、通貨バスケット制度を採用している事が一番の特徴です。

 

通貨バスケット制度とは、複数の通貨を組み合わせてつくられた通貨単位のことで変動幅が一定の枠内に収まるよう通貨担当当局が運営する固定相場制度のことです。

 

変動率が安定しているという特徴があります。

 

通貨バスケット制度の例を以下にあげます。

 

ある国がドル50%円50%という風なバスケット制度を導入したとします。

 

そして、ドル円相場で円に対してドルが10%上昇すると、この国の通貨はちょうどその真ん中に位置することになるので、ドルに対しては5%下落しアメリカに対する輸出は増加しますが、円に対しては5%上昇するので日本に対する輸出は減少します。

 

その結果から自国の輸出入等の経済関係は安定を維持できるという仕組みです。

 

ただ、シンガポールドルは経済成長を背景に通貨は徐々に切りあがっており政府もそれを容認しています。

 

シンガポールは新興国であり、新興国の通貨は南アフリカやトルコでみられるように10%を超える高金利通貨であることが多いのですが、シンガポールは逆で低金利であることも特徴です。

 

リスクとしましては、人口は500万人足らずなので多くを外需に依存しているため、世界情勢が不安定になれば一気に値崩れするリスクはないことはありません。

 

そして、水や食料やエネルギーなど、全ての資源を輸入に頼っていることも不安要素です。

 

 

特に水道水の多くを隣国であるマレーシアからパイプラインで輸入しています。マレーシアとの関係は、かつてに比べれば良好ですが、全幅の信頼を置けるほどの関係とはいえません。

 

シンガポールとマレーシアは同じイギリスの植民地であり、解放活動によりマレーシア連邦として独立しました。

 

その後マレーシア連邦でマレー人優遇政策が始まり、マレー系住民と中国系住民の間で衝突が起きるようになりました。
その後中国系住民を率いて独立したのがシンガポールです。

 

マレーシアが政治的困難になり国をまとめるためにシンガポールを仮想敵国のように扱う要素は無いとは言い切れません。

 

しかし、シンガポールはアジアの新興国の中でもここ数年成長率が5%以上と、非常に高い経済成長を続けており、GDPは世界ランク40位付近まで上昇してきています。

 

1人あたりGDPを見ても上昇を続け、成長率だけを見れば日本と同じです。

 

シンガポールは日本企業が多数進出していることからもわかるように、世界的に見ても有数の成長市場の1つで今後さらに注目が集まるでしょう。

 

固定変動制なので短期で利益を得るよりも、長期で得る方が向いていると言えます。

 

但し、シンガポールドルを取り扱っている業者は限られており、スプレッドも広めなので注意が必要です。

今週もドル円に絞って値動きの詳細を振り返りたいと思います。

 

 

前週まで非常に強い上昇基調だったドルが、今週はファンダメンタルに翻弄されまくった、という形跡をたどってみます。

 

先週金曜日に109円半ばを上抜け、今後の上昇傾向を示して引けたドル円ですが、月曜日もそのまま上昇のスタートとなりました。

 

 

上昇の勢いそのままに109.73辺りまでドルが買われ、月曜日中の110円到達も時間の問題かと思われました。

 

 

米個人支出など、月曜日の指標発表は小幅に上向いた数字で安定して上を目指す雰囲気でしたが、その直後にシカゴ先物のNYダウが100ドル安をつけ、リスク回避の円買いによって50pips近い下落

 

 

月末に向けての高値警戒による売りの傾向から始まる一週間となりましたが、翌30日には時間外取引で米10年債利回りの上昇幅が広がるなど、先週までのドル買いの勢いが止まらず、欧州時間に前日の109.7円の高値を更新しています。

 

 

9月最終日も109円台を割ることなく、米時間もドル高を維持したまま終了となります。

 

 

翌10月1日の昼間にとうとう110円台に突入

 

実に6年ぶりとなる110円超えに、そのまま上昇を続けるかと思われましたが、当日日本時間夜のADP雇用統計ISM製造業景況指数の下振れで、ドルは一気に109.20台まで下落します。

 

 

その後も経済指標が予想を下回る下振れとなったことや、アメリカ国内でのエボラ出血熱患者確認などが重なり、109円を割るまで下落。

 

その後も下落は続き、108円台前半まで値を下げました。

 

 

調整下落というには結構な値幅ですが、今までの急激な上げ幅を考えると世界中のトレーダーが持っているポジション調整には、これくらいの値幅が必要だということでしょう。

 

 

Pepperstoneが日本在住者へのサービスの停止を決定したとの連絡がありました。

 

 

いつかはこうなるだろうと思っていたのですが、まさかこんな急に来るとは思ってもいなかったです。

 

 

海外ブローカーの中ではPepperstoneが一番使いやすくサービスも良かったのですが、本当に残念です。

 

 

2014年12月31日01:00(日本時間 8:00AM)でポジションは全て強制決済され、
それ以降取引は出来なくなるとのことで、私も早々に別の業者へ資金を動かさなければいけません。

 

 

出金は上記以降の日付でも自由に動かせると言うことなので、まずは一安心です。

 

 

なぜこのタイミングで日本在住者へのサービスを停止したのか?

 

 

メールの内容によれば、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)から注意があったようですが、
恐らくASICには日本の当局から圧力があったのでしょう。

 

 

以前より日本当局は無登録で金融商品取引業を行っている業者に警告を出しておりました。
関東財務局が海外ブローカー使用者に注意喚起を行う

 

 

しかし、これには強制力は無くPepperstone側は応じようとしませんでした。
(海外業者はほとんど言うことを聞きませんでしたが。。)

 

 

Pepperstoneは私を含め、多くの日本人が利用し、そして支持しているFXブローカーです。

 

 

このような海外ブローカーは日本当局からしてみれば、かなり目障りな存在だったと思います。

 

 

しかし、今までこの圧力に首を縦に振らなかったのに急に受け入れたのでしょうか?

 

 

Pepperstoneへの日本在住者の貢献度は高いと思われ、また、Pepperstoneも日本の顧客をすごく大事に
してくれていますので、こんな簡単に手放すようなことをするとは思えません。

 

 

近いうちに日本在住者向けのサービスを何かしらの形で提供してくれるのではないかと予想しています。

 

何はともあれ、まずはPepperstoneからの資金の引き上げを考えなければなりませんが、
Pepperstoneの再始動を待ちたいと思います。

スコットランド問題も収束し、今週はどの通貨も緩やかな動きでスタートしました。

 

ドル円も108円台半ばで推移し、22日に一旦108.25付近まで売られる場面はあったものの、米国によるシリア空爆、22、23日のダウ平均株価の下落というファンダメンタル的な要素が重なったにも関わらず、円に対してドルが大きく売られる場面は見られませんでした。

 

香港は、イギリスの植民地から中国の一部となった歴史を持ち、そのため中国人民元とは別の独立通貨が採用されています。

 

香港は金融大国であるイギリスの植民地下にあった時代背景から金融市場も大きくなり、それに加えて最近では中国の経済力が成長した事も香港成長の要因としてあります。

 

直接の中国投資には規制があるので香港経由から投資が行われている事が多く、投資家が多いという実情と規制をかいくぐる為の投資の中継点として使われている事から、二重の金融成長を遂げていると言ってもいいでしょう。

 

香港ドルは、もちろん中国と深い関わりがあり中国人民元とも連動します。

 

中国の経済が好況であると、香港株も買われる傾向にありますので連鎖的に香港ドルにも影響がありますが、それは株から香港ドルへの離京なのですが、実は米ドルとはそれ以上の関係性で連動する影響があります。

 

香港は経済の弱い国が通貨の価値を一定価値に安定させるために取られる固定相場制度であるペッグ制を採用しています。

 

これは香港ドルの価格をアメリカドルに連動させる固定相場制度で、香港ドルはアメリカドルの裏づけをもって、香港上海銀行スタンダード・チャータード銀行中國銀行の三行から発行されています。

 

つまり香港ドルはアメリカドルと同じ価値が認められており、アメリカドルが上がれば香港ドルも上がり、下がれば一緒に下がるため、為替変動リスクが非常に少なくなっています。

 

米国と香港の金利差安定して受け取れるためFX投資家には人気の通貨ペアの秘密はここにあります。

 

また金利アメリカドルよりも高い傾向にあることから、米ドルのリスク回避として買われる傾向にあります。

 

中国が規制解除をすることは難しいと思われますので、それに伴い香港ドルがFXでは注目度の高く投資として有効性を持ち始める可能性は大いにあり、新興のFX先としては期待値が高いです。

9月第3週はドル円に絞って振りかえりたいと思います。

 

 

今週のドル円は、月曜日に東京市場が休日だったこともあって、本来の東京時間では高値圏の狭い範囲の値動きからスタートしました。

 

 

その後、欧州時間に米鉱工業生産の指標が悪かったことで、一時107.00円あたりまで下落しましたが、すぐに持ち直して高値圏での推移で月曜日を終えるという形に。

 

 

月曜日のレンジは致し方なし、ということで、火曜日の朝に何か方向感が出ていれば、と思いチャートをチェックしましたが、米時間でも目立つ動きはありません。

 

 

この時点で、今週のトレードプランを考えます。

 

 

まずは、トレンド的には完全に上昇継続なので、買い目線での今後の節目がどこになるか、ということを考えます。

 

 

ここで、ゴルスパチャート下記の図を見てください。

 

 

 

先週末から月・火曜日にかけて、ずっと横ばいで推移しているローソク足ですが、良く見ると12日に何回か高値が抑えられているラインがあります。

 

 

そのラインはゴルスパの太い紫抵抗線があり、図のチャート上では107.380辺り。

 

 

ここが当面のレジスタンスラインとして、今後機能するのかしないのか、という節目として見ることができます。

 

海外FXランキング

 

FX無料メール相談
FXに関する質問やお悩み、ご意見などありましたら以下フォームページよりお願いします。
お問い合わせフォームにジャンプします。


お問い合わせフォーム

 

FXの基礎を学びたい方はコチラ!
    

メルマガでだけお知らせする情報あります!!
    

 

ゴールデンスパイダーFXの勝率をもっと上げる+α手法とは?!

 

ザ・ゴールデンスパイダーFX(オリジナル手法特典付き

初心者はまずここから! パソコン初心者でも設定ラクちんまぎらわしさのないシンプルな画面♪ 矢印にそってエントリーするだけの簡単トレードを実現。 FX初心者だけじゃなく上級者までオススメしたい、FXトレーダー必須のソフトです☆

≫詳細ページ

FXリベンジャーズ(勝率を上げる方法特典付き

米国の有名投資教育機関(CFG)を日本人初の入学を許され、しかも最年少で 卒業した天才が開発した徹底的にリスクを排除したインディケーター! リスク管理を徹底して、一攫千金ではなく着実に利益をゲットする力をつけたい方へ!

≫詳細ページ

ローラのCMでおなじみ!!DMM FX
DMM FXは初心者向け

TOP サイトマップ プロフィール 各種メルマガ登録 オリジナル特典 FX初心者解説集 お問い合わせ